塗料の成分について 後編

2016.01.25

塗料の成分について 後編

住宅や外壁などにリフォームとして用いられている塗料があります。 一般的には屋外で利用するタイプで、長期的に保護できる塗料の場合では油性タイプが多く使われています。 このタイプであっても様々な添加剤が含まれていることが一般的になり、その種類は塗料によって違いが生じていますが、非常に数多いの添加物で構成されているものを見ることができます。 カラーを構成しているものは、顔料と呼ばれるものになり、その成分はカラーによって違いがある場合が一般的です。 有名なものでは塗料や塗膜の安定を目的にしているものがあり、乳化剤などが主流になります。 溶剤の中にはシンナーやアルコール、油分などを利用することがあり、実際に塗装を施す場面では、各々の添加物や溶剤によって流動性を生む出すことに貢献しています。 住宅用として利用されている塗料では、その多くが防腐剤や防かび剤、乾燥剤や艶を左右させる溶剤などが入れられていることがあります。 また、種類によってはウレタンやシリコン、フッ素などが配合されていることもあり、高品質の塗料として用いられているものが注目されています。

無料診断&お見積り
矢印 矢印
スタッフ スタッフ

各種クレジットカードを
ご利用いただけます

  • VISA
  • DC
  • MasterCard
  • JCB
  • Diners Club
  • DISCOVER
  • AMERICAN EXPRESS

ペイペイが使えるようになりました

paypay