塗料を選ぶときに注意するポイントとは?~遮熱塗料~

2016.10.12

プロタイムズ浜名湖ホームサービス

外壁塗装でよく耳にするワード、「断熱塗料」と「遮熱塗料」の違いをしっかりと理解していれば、重視したいメリットにあった塗料を選ぶことができます。

前回は、「断熱塗料」について見ていきましたので、今回は、「遮熱塗料」の特徴を確認しましょう。

おさらいですが、一般的に、熱伝導を防ぐことを「断熱」といい、熱放射を防ぐことを「遮熱」と言います。

つまり、「遮熱塗料」は、太陽エネルギーを反射して温度上昇を抑え、かつ、高い熱放射により表面温度を下げるものです。

真夏の場合、ほとんどの遮熱塗料で、表面温度が15度~25度くらい変わります。

ただ、実際に熱の反射の面から効果が高いのは、色の部分が大きいのは事実です。
いくら遮熱効果のある塗料といえども、真っ黒の塗料では、白の塗装よりも温度は高くなってしまいます。

そのため、外壁の表面が経年劣化によりだんだんと黒くなってきてしまうと、必然的に遮熱効果が薄れてしまうということになります。

汚れが蓄積している外壁ですと、効果が小さくなっていく、ということですので、日頃からのお手入れが重要になってくるのです。

そして、日々のお手入れチェックに加えて、しっかりと定期的に外壁塗装を行い、遮熱効果を保つことが必要になってきます。

無料診断&お見積り
矢印 矢印
スタッフ スタッフ

各種クレジットカードを
ご利用いただけます

  • VISA
  • DC
  • MasterCard
  • JCB
  • Diners Club
  • DISCOVER
  • AMERICAN EXPRESS

ペイペイが使えるようになりました

paypay