外壁塗装で行われる作業工程と工期

2016.03.10

外壁塗装で行われる作業工程と工期

外壁塗装を依頼する上で、どのような手順で作業が行われるのか等の作業工程や、外壁塗装における工期がどのくらい必要なのかを知っておくと安心ですよ。

 

外壁塗装の作業工程と言うのは最初に近隣に住む人々への挨拶を行うことから始まります。 塗装工事中の高圧洗浄による騒音や塗料の散布を行う時などの配慮を行うため養生を設置して作業が行われますが、近隣の人々への迷惑もかかることからも挨拶を欠かさず行うようにしましょう。

 

挨拶が終わると、足場を組み立てることになります。 高所作業を安全に行う目的で足場を設置し、足場の外側には養生を張ります。 次に行うのが高圧洗浄で、水圧を利用して外壁の汚れを綺麗にし、損傷している部分のメンテナンスを行います。

 

メンテナンスを終えると下地が作りだされるので、塗装の準備に入りますが、塗装を行う時には窓ガラスや換気扇などにビニールシートを利用してマスキングを行ってから塗装を行い、1回目の塗装は下地と2回目の塗装の接着材となり、2回目、3回目、必要に応じて4回目の塗装を行います。

 

外壁塗装が完了すると、足場を解体して工事が完了になります。

無料診断&お見積り
矢印 矢印
スタッフ スタッフ

各種クレジットカードを
ご利用いただけます

  • VISA
  • DC
  • MasterCard
  • JCB
  • Diners Club
  • DISCOVER
  • AMERICAN EXPRESS

ペイペイが使えるようになりました

paypay