屋根の劣化は外壁より早い!

2015.12.11

屋根の劣化は外壁より早い!

新築の住宅を考えた場合、屋根と外壁の塗装は同時に新しく施工されるので、劣化の度合いはどちらも同じだと思っている人が多くいらっしゃいます。 しかし、実際は、屋根の劣化は外壁より早いのです。 その理由は、屋根の方が外壁より高い位置にあり、雨や太陽の光を直接受ける度合いが大きいためです。 外壁は屋根や軒先でカバーされている部分も多く、ダメージを受けにくいのです。 屋根は雨などをもっとも多く受ける分劣化が早く、屋根に外壁と同じ塗料を使用しても耐久年数が数年変わることになってしまいます。   一般的に、ストレート屋根は約10年ごとに防水を兼ねた塗り替えが必要になりますが、その時期には、外壁はまださほど傷んでいないことが多いのです。   その場合、屋根の工事と外壁の工事を別々の時期に行う必要がでてきます。 これは、コストの点から考えても、あまりおすすめできません。   同時に工事をすれば、足場は1度組むだけでよいですが、2度工事をすると、その都度足場を組む必要が有るため、コストがかかってしまうからです。 これ防ぐために、屋根塗料だけはランクを上げることで、耐久性を上げて長持ちさせ、外壁と同じ時期に工事をするという方法もおすすめです。

無料診断&お見積り
矢印 矢印
スタッフ スタッフ

各種クレジットカードを
ご利用いただけます

  • VISA
  • DC
  • MasterCard
  • JCB
  • Diners Club
  • DISCOVER
  • AMERICAN EXPRESS

ペイペイが使えるようになりました

paypay