外壁塗装をしない場合、どうなるのか?

2016.02.24

外壁塗装をしない場合、どうなるのか?

外壁塗装はお金がかかるのでしないで済むならそうしたいと思っている方も多いと思います。 しかし、もし外壁塗装をしないでおくと、どうなってしまうのかをご存知でしょうか。

 

外壁塗装をしない場合、まず直ちに何か影響が起きるということはありません。

 

それを聞くと慌てて外壁塗装をする必要も無いと考えるかもしれませんが、すぐに影響が出るわけではなくても建物のダメージというのは確実に蓄積されていっているのです。

 

そして、ある程度劣化をしていくと雨漏りなどが発生してしまいます。 雨漏りが発生するようになると屋根が腐敗する等、更に劣化が進みやすくなるのです。 そのまま更に放置をしておくと、症状は悪化し住むのに適さない状態にもなってしまいます。

 

そのような状況になってから修繕をしようとした場合、建物自体がすでに駄目になってしまっていることが多いので修繕をするにしても大規模な工事が必要となってしまい、お金も時間もかなりかかってしまうことになります。

 

外壁塗装は外部から建物を守る役割を持っているので、それをしないということは建物が無防備な状態になってしまいどんどん劣化をしてしまうことに繋がるのです。

無料診断&お見積り
矢印 矢印
スタッフ スタッフ

各種クレジットカードを
ご利用いただけます

  • VISA
  • DC
  • MasterCard
  • JCB
  • Diners Club
  • DISCOVER
  • AMERICAN EXPRESS

ペイペイが使えるようになりました

paypay