築年数別!屋根の点検・修理でチェックすべきポイント

2016.02.13

築年数別!屋根の点検・修理でチェックすべきポイント

屋根塗装工事は何年経過したら行った方が良いのか、ご存知でしょうか。

 

ご自身でも行うことが出来る屋根のチェック方法は、築年数別に知ることでどのように対応したら良いのかが見えてきます。 新築から3年程度の住宅は、新築だからと言って安心してチェックを怠ってしまうケースが多いです。

 

風の抜け道や、風が良く当たる壁の下あたりの日陰の部分を目視することでカビやコケなどを見つけることもあります。 屋根瓦が浮いてきてしまっていても、傷みが広がって雨漏りの原因となってしまうこともあります。

 

目撃したら早急に対処を行うことが出来るように、専門業者に調査の依頼をしてみましょう。

 

築年数が5〜7年程度の住宅は、塗装の寿命といっても過言ではありません。 この頃にメンテナンスを行っておくことで、家の寿命を長くすることが出来ます。

 

もしわからない場合は、無料調査や無料見積もりを行う業者に相談してみるのも良いですね。 築年数10年以上になると建物全体にも影響が出てきます。 家中をチェックして家のこと、屋根のことを真剣に考える時期です。

 

さらに築年数15〜30年以上の住宅なら、さまざまなところで修繕を行う必要性が出てくるので、気になったら相談して工事を依頼しましょう。

無料診断&お見積り
矢印 矢印
スタッフ スタッフ

各種クレジットカードを
ご利用いただけます

  • VISA
  • DC
  • MasterCard
  • JCB
  • Diners Club
  • DISCOVER
  • AMERICAN EXPRESS

ペイペイが使えるようになりました

paypay