屋根の塗り替えを行うタイミングは?

2016.02.12

屋根の塗り替えを行うタイミングは?

一戸建て住宅を所有するご家庭で、築年数がある程度経過しているお宅の場合、外壁や屋根の塗り替えを考えなければいけません。 外壁や屋根の塗り替えのタイミングは10年に一度と言われています。

 

10年に一度というのは、一般的な概念として把握されていますが、本当に10年に一度なのでしょうか。 住宅を建てると、10年目までの保証として、屋根や外壁の塗り替え保証が付いていることがあり、多くは大手ハウスメーカーに建築を依頼した場合です。 地元の大工さんや建築業者に建てて貰った住宅では、このような保証がない場合が多いです。

 

また大手ハウスメーカーの場合は、保証料も入っており、建築そのものが安価に建てられています。 10年目の再塗装も、さらに10年前後の耐久性はあるでしょう。 ただ、塗装のグレードによっては、10年よりも長く持つものがあります。

 

シリコン塗装やフッ素塗装だと12年から20年近く耐久性があるのです。 また、油性か水性かによっても耐久性は異なります。 希釈率によっても耐久性が異なり、無希釈で作業を行なえば、耐久性はもっと高くなります。

 

方法や塗料の種類によって、10年以上耐久性を持たせることは可能ですよ。

無料診断&お見積り
矢印 矢印
スタッフ スタッフ

各種クレジットカードを
ご利用いただけます

  • VISA
  • DC
  • MasterCard
  • JCB
  • Diners Club
  • DISCOVER
  • AMERICAN EXPRESS

ペイペイが使えるようになりました

paypay