下塗り、中塗り、上塗りについての基礎知識

2016.02.01

下塗り、中塗り、上塗りについての基礎知識

塗装工程である下塗り・中塗り・上塗りについての基礎知識はご存知でしょうか? まず、外壁塗装を行うなら、3回塗りが基本となります。 単に塗料を塗る工程を行っているのではなく、下塗り・中塗り・上塗りのそれぞれに役割があります。 1回目に行う下塗りは、上塗り塗料と外壁の密着性を高めてきれいな仕上がりにすることが一番の目的とされています。 壁材の強度を上げて、塗料の性能を長持ちさせる効果もあるので重要なポイントになります。 下塗りは目立たない色で行うことが基本となっていて、壁在の種類や劣化度合いによって下地強化材の種類を変えることもあります。 2回目の中塗りは、お客様と打ち合わせで決めた色を塗っていきます。 厚みを持たせすぎないように、一度に多く塗るのではなく中塗りと上塗りの2回に分けて塗っていきます。 なので3回目の上塗りも、お客様との打ち合わせで選んだ色塗料を仕上げに塗っていきます。 2回塗ることで、耐久性が高まり、美観性と持続性を期待出来ます。 塗装工事を依頼する前に、知識をつけておけば 何が不十分なのか、どのように仕上げてほしいか等を 具体的に相談することが出来ますよね。 基本的な知識を身に着けて、塗装の相談を行うようにしましょう。

無料診断&お見積り
矢印 矢印
スタッフ スタッフ

各種クレジットカードを
ご利用いただけます

  • VISA
  • DC
  • MasterCard
  • JCB
  • Diners Club
  • DISCOVER
  • AMERICAN EXPRESS

ペイペイが使えるようになりました

paypay