軒天塗装について

2016.01.19

軒天塗装について

軒天とは、軒下から屋根を見上げたときに見える、屋根の下側の裏部分を指します。 一般的には、小屋裏の換気などを取る機能を備えていることが多い部分だといえます。 そのため、軒天井ボードにはポツポツと小さな穴が開いていることが多く見られます。 また、その位置に防火の構造を有する必要が有るなどのため、軽くて丈夫な優れた不燃材を用いることも多くなっています。 通常は、外壁塗装と同時に、軒天の部分も塗装工事をする傾向にあります。 以前は、外壁材よりも屋根材のほうが、設置の場所が自然環境からの影響を受けやすかったため、どうしても劣化が著しくなってしまうなどという理由がありました。 そのため、屋根は5年、外壁は7年などの塗装を必要とする時期がずれていたものですが、近年はそれぞれの資材の研究と開発などが進んだために、外壁と屋根の塗装は同時工事を行うことが一般的だといえます。 そういった事情から、今は軒天や雨樋などの塗装も別途行うことは非常に少なく、10年位に一度の割合で1式見積もりの中に含めて依頼することがほとんどだといえます。

無料診断&お見積り
矢印 矢印
スタッフ スタッフ

各種クレジットカードを
ご利用いただけます

  • VISA
  • DC
  • MasterCard
  • JCB
  • Diners Club
  • DISCOVER
  • AMERICAN EXPRESS

ペイペイが使えるようになりました

paypay