シーラー下塗りって?

2016.01.16

シーラー下塗りって?

下塗りは外壁材や屋根材などの塗装面に最初に行われる塗装です。 下塗りにはいくつか種類がありますが、今回はシーラー下塗りと呼ばれる下塗りの方法についてご紹介いたします。 まずシーラー下塗りは、コンクリート面などの塗装面に最初におこなわれる工程で、次の工程である中塗り・上塗りと塗装面の密着性を高める働きをします。 簡単に言いますと下塗り材がコンクリート面などの塗装面と上塗り材をくっつける両面テープのような役割を果たします。 特に痛んでいる塗装面は塗料を吸い込んでしまうことがありますので、その吸い込み止めの役割も果たします。 塗装面の傷みの状態によってはシーラー下塗りを2回することもあります。 吸い込み止めをしっかりとおこなうことは下地強化にもつながりますので、シーラー下塗りは塗装工事におけるとても重要な肯定ということができます。 塗装が完了した状態では、シーラー下塗りがしっかりとおこなわれたかどうかの判断は難しいのですが、シーラー下塗りが不十分の場合は施工後に年数か経過するにつれて塗装面の劣化が進みやすくなりますので注意が必要です。

無料診断&お見積り
矢印 矢印
スタッフ スタッフ

各種クレジットカードを
ご利用いただけます

  • VISA
  • DC
  • MasterCard
  • JCB
  • Diners Club
  • DISCOVER
  • AMERICAN EXPRESS

ペイペイが使えるようになりました

paypay