足場の種類

2016.01.14

足場の種類

外壁塗装や屋根塗装を行うときは、塗装工事を始める前に足場を組むのが一般的です。 一戸建て住宅は2階建て以上のものが多いですし、マンションやアパートとなると高層な建物がほとんどです。 作業員が安全に、そして高い部分も丁寧に作業ができるように、足場を組み立てます。 足場にはいくつか種類があり、最もオーソドックスな方法がブラケット足場です。 鋼製の管を門型の枠にはめ込む方法のため組み立てや解体が簡単、さらに強度が高いという特徴があります。 地上45mほどまで対応が可能なので、高層建物にも適用できます。 そのほかにビケ足場というものがありますが、これらは一般住宅の塗装工事をするときによく使われる方法で、鋼管を支柱として緊結部の部材と支柱をクサビ式で連結する方法です。 組み合わせた部分の上に作業床を敷き並べるので作業員が歩きやすく作業しやすいのが魅力です。 連結した部分はしっかりロックされるので安全性も高いです。 部材はユニットになっているので、ハンマー1本で組み立てられることから足場組み立てと解体時間を節約することができます。

無料診断&お見積り
矢印 矢印
スタッフ スタッフ

各種クレジットカードを
ご利用いただけます

  • VISA
  • DC
  • MasterCard
  • JCB
  • Diners Club
  • DISCOVER
  • AMERICAN EXPRESS

ペイペイが使えるようになりました

paypay