長期優良住宅をご存知ですか?

2016.01.08

長期優良住宅をご存知ですか?

国が推奨している長期優良住宅とは、平成20年12月に交付された「長期優良住宅の普及と促進に関する法律」に基づき、長期にわたり良好な状態で住宅を長持ちさせるための必要な基準をクリアしたもののことを言います。 一定以上の住宅性能を確保・維持保全についての計画作成により、長期優良住宅の認定を国から受けることが出来ます。 また、新築された時点だけではなく将来においての定期メンテナンスのし易さまで評価され、そこには建物の構造劣化対策、耐震性、可変性、維持管理・更新の容易性、バリアフリー性、省エネルギー性、居住環境、住戸面積、維持保全計画などに一定の性能基準が含まれています。 きちんとした定期メンテナンスにより建物を長持ちさせることは、将来の住宅費負担の軽減に繋がるのです。 また、長期優良住宅として国より認定を受けた建物に対して、税制面でいろいろな優遇措置が設けられています。 一般住宅と比べ住宅ローン減税、登録免許税・固定資産税、不動産所得税などの減税効果が大きくメリットがありますが、優良住宅にするための建築コストも踏まえて総合的に判断することが推奨されます。

無料診断&お見積り
矢印 矢印
スタッフ スタッフ

各種クレジットカードを
ご利用いただけます

  • VISA
  • DC
  • MasterCard
  • JCB
  • Diners Club
  • DISCOVER
  • AMERICAN EXPRESS

ペイペイが使えるようになりました

paypay