外壁塗装を放置しておくと危険な理由

2015.09.18

プロタイムズ浜名湖ホームサービス

外壁塗装を新築の時から放置していると危険な理由というのは、建物の劣化に繋がってしまうおそれがあるためです。

 

建物というのは常に雨風や紫外線に、車の排気ガスなどの様々な外部からの影響を受け続けていますが、外壁塗装はそれらの影響を建物の代わりに受けることによって建物を保護しています。

 

しかし、新築の時から全くメンテナンスもしないでそのままにしておけば、クラックやチョーキングの原因になってしまうのです。

 

クラックとはひび割れのことで、チョーキングは塗装を手で触ってみて白い粉が付着する現象のことをいいますが、これはどちらも塗装の劣化を表す症状のひとつとなります。
このような状態になってしまうと、外壁塗装の建物を保護する役割が低下してしまい、建物自体が劣化をすることになってしまうのです。

 

建物の劣化が進めば、修繕には大きな費用と時間が必要となってしまいますので定期的なメンテナンスを欠かさないようにしましょう。

 

また、定期的なメンテナンスを行う事で愛着がわいてきて、建物を大事に使うようになるのでそのような面でも寿命をのばすことができます。

無料診断&お見積り
矢印 矢印
スタッフ スタッフ

各種クレジットカードを
ご利用いただけます

  • VISA
  • DC
  • MasterCard
  • JCB
  • Diners Club
  • DISCOVER
  • AMERICAN EXPRESS

ペイペイが使えるようになりました

paypay