カラーにも種類があります

2015.09.09

プロタイムズ浜名湖ホームサービス

住宅の屋根や外壁を塗り替える場合は、材料の種類と合わせて、色選びも重要なポイントとなります。
カラーを決める際には自分の好みで動く人が多いのですが、実際に塗ってみると思い描いていたイメージと違う場合も発生します。
原因としては、建物の色の良し悪しは単独で決まるのではなく、周辺の他の住宅や自然環境との組み合わせの中で決まってくるものだからです。
住宅の色選びで失敗したくないのであれば、周辺の住宅の色合いに合わせるのがうまくいくコツです。

色合いだけでなく、明度や彩度といった色の要素についても極端なものは避けて、無難なものにしたほうがうまくいきます。
特に屋根の色は周辺住宅との調和が大切で、住宅地全体の気品にかかわってくるので注意が必要です。
外壁は屋根の色との組み合わせを考え、屋根よりも薄い色にすると落ち着きます。
自分の家の個性をどう出すかも大切な問題ですが、周辺に合わせつつ、アクセントを入れると自分らしくなります。
部分的に濃い色の帯を入れるなど、見切りの金物の色を濃くすることにより、十分個性的な住宅が出来上がるのです。

無料診断&お見積り
矢印 矢印
スタッフ スタッフ

各種クレジットカードを
ご利用いただけます

  • VISA
  • DC
  • MasterCard
  • JCB
  • Diners Club
  • DISCOVER
  • AMERICAN EXPRESS

ペイペイが使えるようになりました

paypay