外壁塗装にはどのような種類があるの?|低汚染塗料編

2017.09.19

プロタイムズ浜名湖ホームサービス

こんにちは。浜松市で外壁塗装・屋根塗装事業を行なっている浜名湖ホームサービスです。

 

前回は、外壁塗料の耐久年数についてご紹介しました。
今回は、低汚染塗料についてお伝えします。

 

せっかく外壁塗装を行うのなら、より良い機能を持つ塗料を選びたいものですよね。

そんな時に注目して欲しいのがこの低汚染塗料です。

低汚染塗料を活用することで、外壁をわざわざ掃除しなくても、綺麗で汚れのない塗装を実現することができるでしょう。

 

低汚染塗料は、塗膜の表層に特殊なコーティングを施すことで、塗膜の密度が高くなります。

そのため、汚れが外壁に付着しにくいと言えるのです。

 

さらに、雨水などと塗膜が馴染みやすいので、壁に付着した汚れを洗い流すことができます。

汚れが壁に残らないということは、塗膜の劣化を防ぐことにも繋がります。

 

それだけではなく、このような低汚染塗料には、防カビ機能や防藻性を持つものもあるので、安心して暮らすための外壁塗装を実現できるでしょう。

 

このように、低汚染塗料を使用することで、外壁の見た目と耐久性を保つ効果を期待することができるのです。

 

いかがでしたか。

外壁塗装をご検討の際は、塗料の材質だけでなく、機能にも注目して選ぶことができると良いかもしれませんね。
次回は、塗料の価格についてお伝えします。

無料診断&お見積り
矢印 矢印
スタッフ スタッフ

各種クレジットカードを
ご利用いただけます

  • VISA
  • DC
  • MasterCard
  • JCB
  • Diners Club
  • DISCOVER
  • AMERICAN EXPRESS

ペイペイが使えるようになりました

paypay