屋根の色、何色にする?その2

2017.08.09

プロタイムズ浜名湖ホームサービス

屋根の色というと、定番の色というと、黒色や茶色など濃いめの色が選択肢としてよく上ります。
基本の配色としては外壁を軽く大きく見える明るい色を選択して屋根の色は黒くはっきりした色で重厚感や安定感をだして高級感がでてくるようにします。

 

また、マッチングを考えることも重要です。
一般の施主様は壁の色やドアの色など色々な色を選択していく傾向にあります。

 

しかし、サッシやドアなどの色は洋服で言う部分の差し色になってきますので、屋根の色と同じ色にすることでアクセントが効果的に引き立ってきます。

 

やはりマッチングに関しては重要です。各パーツに対して色々な色を選択すると統一感のない雰囲気になります。
色のレイアウトでいうとイチゴのショートケーキの色合いが綺麗に見えます。

 

屋根の色はクリームです。外壁の色はスポンジケーキの色合いになります。 

これだけですと、大人しい色合いになりますが、マッチングに、こだわるとイチゴの差し色つまりサッシやドアに差し色の緑色などを入れることによりオシャレでセンスのある配色になります。

 

屋根の色は落ち着いた濃いめの色を選ぶことをお勧めします。

無料診断&お見積り
矢印 矢印
スタッフ スタッフ

各種クレジットカードを
ご利用いただけます

  • VISA
  • DC
  • MasterCard
  • JCB
  • Diners Club
  • DISCOVER
  • AMERICAN EXPRESS

ペイペイが使えるようになりました

paypay