塗り替え時期だ!こんな症状が出たら要注意〜サイティング編〜

2017.08.05

プロタイムズ浜名湖ホームサービス

建物の外観には、外壁塗装の他にサイティングという方法で外観を構成する方法が存在します。

セメントなどを原料とする板状の外壁材となり、それをコーキングなどを用いることで貼り付けて建物の外壁を構成していきます。

 

タイル風や石材風を可能とし美観にも優れ、また雨風などから守りやすく、サイティングを施した上からも塗装を行うことができるメリットもあります。

もちろんサイティングを施せば、耐候性・耐水性に優れますが、一方では歳月が経過するのと同時に劣化が激しくなり、張り替えを行った方が良いタイミングが到来します。

 

その張り替えのタイミングは、サイティングには板状の外壁材同士をコーキングするため目地が存在し、それをコーキング目地と言いますが、そのコーキング目地の割れが生じた時です。特に太陽光が照り付ける箇所での劣化が激しくなります。

それ以外にも釘を使って貼り付ける箇所があれば、釘付近の割れを生じている時も張り替え時期となります。

 

また外壁材同士の目地が崩れ、隙間ができているなどの場合も早急に張り替えを検討した方が良いです。

隙間から雨水などが侵入し、それによって内部の劣化が進行しやすくなります。

無料診断&お見積り
矢印 矢印
スタッフ スタッフ

各種クレジットカードを
ご利用いただけます

  • VISA
  • DC
  • MasterCard
  • JCB
  • Diners Club
  • DISCOVER
  • AMERICAN EXPRESS

ペイペイが使えるようになりました

paypay