外壁から雨漏り!?特徴とは

2017.07.06

プロタイムズ浜名湖ホームサービス

雨漏りといえば、天井から起こるイメージが強いのではないでしょうか。実は、一見無関係そうな外壁からも、雨漏りは起こります。今回は、そんな外壁からの雨漏りの特徴についてご紹介したいと思います。

 

外壁からの雨漏りというのは、壁に入ったヒビや隙間から、水が染み込んで発生する場合がほとんどです。じわじわとしみこむように水が出てくるので、雨漏りに気付くまでに、時間がかかってしまうことも少なくありません。また、雨漏りの部位が特定しにくい場合が多いことも特徴です。また、雨漏りが原因で部屋がカビ臭くなってしますこともあります。

 

被害が広がる前に気づくことができればいいのですが、水が落ちてくる段階にまで対応が遅れてしまうと、家の内部は水がしみ込んでしまい、家全体にかなりのダメージを負っている状態になってしまいます。特に、外壁からの雨漏りは、大掛かりな修理が必要な場合もあり、莫大なお金がかかってしまうこともあります。

 

いかがでしたでしょうか。今回は意外と知られていない、外壁からの雨漏りの特徴についてお話しました。では、なぜこのような雨漏りは生じるのでしょうか。次回は、そんな外壁からの雨漏りが起こる要因についてご紹介します。

無料診断&お見積り
矢印 矢印
スタッフ スタッフ

各種クレジットカードを
ご利用いただけます

  • VISA
  • DC
  • MasterCard
  • JCB
  • Diners Club
  • DISCOVER
  • AMERICAN EXPRESS

ペイペイが使えるようになりました

paypay