ヘアクラックってなに?

2017.06.04

プロタイムズ浜名湖ホームサービス

ヘアクラックとは、外壁の表面側にひびが出来てしまう現象でコンクリートやモルタルの外壁では構造上避けられないものとなっているクラックの1つですが、その最大の特徴はクラックの中でも有害度が低いものであるということになります。

 

これはヘアクラックというものが幅が小さいクラックとなっているからで、その大きさは幅が0.3mm以下で深さが4mm以下という髪の毛の様に非常に小さいものとなっているのです。

 

このことからヘアクラックは外壁に受けることになる被害が塗膜した部分に小さな線が入る程度の補修を行わなくても大丈夫なものとなっているのですが、それでもひびが出来てしまう以上放置しておくと外壁の外見に影響が出るだけでなく雨水などの浸入による大きなトラブルを引き起こしてしまう可能性も考えられるものとなっています。

 

その為にヘアクラックは樹脂の注入や弾性塗料の塗装で水分などの侵入を防いでいくという対処を早めに行っていくこともおすすめされているのですが、これにはトラブルの予防だけでなく補修費用を最小限に抑えることが出来るというメリットがあるものとなっています。

無料診断&お見積り
矢印 矢印
スタッフ スタッフ

各種クレジットカードを
ご利用いただけます

  • VISA
  • DC
  • MasterCard
  • JCB
  • Diners Club
  • DISCOVER
  • AMERICAN EXPRESS

ペイペイが使えるようになりました

paypay