有機塗料と無機塗料の違い

2017.05.20

プロタイムズ浜名湖ホームサービス

外壁塗装には、有機塗料と無機塗料が使われています。2つの違いは、主成分によるものです。

有機塗料の主成分は、有機樹脂がメインで炭素を含んでいます。アクリル・ウレタン・シリコン・フッ素といったお馴染みの塗料は、いずれも有機樹脂が用いられており、一般的に広く普及しています。密着性も強く、ヒビ割れしにくいというメリットがあります。

 

これらはいずれも人工的に作られたものなのですが、それに対して、無機塗料の主な成分は、自然界に存在している鉱物などで、おもにセラミックやケイ素といった鉱物が使われています。また、タイルやガラスなどの無機物を使うこともあります。

 

しかし実際には、無機物そのものでは付着させることができないため、外壁塗装で用いる場合は、有機物を若干配合して使用することが一般的です。

それでも、物質的に安定しているため、紫外線などの影響を受けにくく、劣化しにくいという特徴を持っています。

 

そのため、寿命が長く、色あせしにくいというメリットがあります。しかし、塗膜が硬いために、ヒビ割れしやすい点はデメリットと言えるでしょう。

無料診断&お見積り
矢印 矢印
スタッフ スタッフ

各種クレジットカードを
ご利用いただけます

  • VISA
  • DC
  • MasterCard
  • JCB
  • Diners Club
  • DISCOVER
  • AMERICAN EXPRESS

ペイペイが使えるようになりました

paypay