瓦は劣化しない?

2017.04.20

プロタイムズ浜名湖ホームサービス

最近ではあまり見かけることもなくなってきましたが、日本にはまだまだ瓦屋根の住宅が残っています。
瓦は粘土などを焼いて作った陶器であり、耐久性が高く、塗装を行わなくともある程度の雨風を防ぐことが出来るため100年単位の非常に長い期間使用することが出来ます。
実は、ドイツなどでも陶器で出来たツィーゲルと呼ばれる瓦のようなものが使われていました。
最近になってその実用性が見直されてきているため、今注目の建材です。

 

では瓦のメンテナンスは必要ないのか?というとまた話は変わってきます。
瓦自体は陶器なので、ほぼ劣化せずに使用し続けることが出来ます。
今でも縄文時代の土器などが残っていることからもどれだけ丈夫かわかりますよね。
ですが、その硬さ故に衝撃や物理的な破損には少々弱く、台風などで飛ばされてきたものによってヒビが入ったり割れてしまったりということもしばしばあります。

 

更に、瓦を接着するために使用される漆喰(しっくい)などは消耗していきますので定期的に塗りなおさなくてはいけません。
漆喰が取れていると風や地震などで瓦が落ちてしまったりして、重量があるものなので大変危険です。

無料診断&お見積り
矢印 矢印
スタッフ スタッフ

各種クレジットカードを
ご利用いただけます

  • VISA
  • DC
  • MasterCard
  • JCB
  • Diners Club
  • DISCOVER
  • AMERICAN EXPRESS

ペイペイが使えるようになりました

paypay