コーキングって何だろう?

2017.01.28

プロタイムズ浜名湖ホームサービス

コーキングの役割には、建物の部材を組み立てた時に発生する隙間に用いられる建築用の充填剤のことです。
部材間の隙間に充填するゴム状の材料のこととなり、業者の間ではパテとも呼ばれることもあります。

 

他に一般的にはシーリングと呼ばれていることもありますが、コーキング材と呼ばれたりすることもあり、材料にはシリコーン系、変性シリコーン系、ポリウレタン系の樹脂などが用いられることが多いです。
家庭用で使われるケースでは、エアコンの配管を室内に通す場合、壁などに穴を空けることが多いですが、配管を通した後にこのコーキング材で隙間を埋める作業を行うことがよく行われます。

 

実際には防水性や気密性を高めるために用いられることも多く、隙間から雨の侵入を防いだり、空気が通るの防いだりする特徴があります。
それ以外にはゴキブリやねずみなどの侵入を防いだり、ゴミやほこりなどの室内への侵入を防ぐことができる効果もあり、そのゴム状の材料を用いることで防ぐ穴の大きさや形状に拘る必要性がないメリットが存在します。

 

また一度コーキングを行っても、その部分を掘り返すことも容易な面もあり、見栄え自体も壁の色と同じ種類を用いるとそれほど目立たない場合も多いです。

無料診断&お見積り
矢印 矢印
スタッフ スタッフ

各種クレジットカードを
ご利用いただけます

  • VISA
  • DC
  • MasterCard
  • JCB
  • Diners Club
  • DISCOVER
  • AMERICAN EXPRESS

ペイペイが使えるようになりました

paypay