屋根葺き替えのデメリットとは

2017.01.13

プロタイムズ浜名湖ホームサービス

前回は、屋根の葺き替えのメリットについてご紹介いたしました。
魅力的なメリットがたくさんありましたよね。

今回は、葺き替えのデメリットについてご紹介いたします。

 

・工期が長い
今の屋根材を撤去しなければならないので、その分カバー工法に比べると工期が長くなります。
外装とはいえ、工期が長いとやはり落ち着いて暮らせないものです。
また、様々な都合上、工期を短めにしたいこともありますよね。
工期が短めが良いという方はカバー工法の方が良いかもしれません。

 

・費用が高い
屋根材を撤去する分の費用がかかります。

 

・アスベストの心配
2004年以前の屋根にはアスベストが含まれているものもあります。
撤去時に、アスベストが飛散する可能性も考えられますので注意しましょう。
また、アスベストが含まれている屋根材の場合、飛散を防ぐために特別な対応が必要なので、ここでも高い費用がかかってしまいます。
ただ、一度撤去すると今後はアスベストの心配がなくなるので、高めの費用がかかっても撤去しておいた方が良いかもしれませんね。

 

いかがでしたか?
これまでカバー工法と葺き替えのメリットとデメリットをご紹介してきました。
どちらの工法が合っているのか、メリットとデメリットを踏まえて検討してみてくださいね。

無料診断&お見積り
矢印 矢印
スタッフ スタッフ

各種クレジットカードを
ご利用いただけます

  • VISA
  • DC
  • MasterCard
  • JCB
  • Diners Club
  • DISCOVER
  • AMERICAN EXPRESS

ペイペイが使えるようになりました

paypay