ツートンカラーの外壁にする時のポイント~色の配分~

2016.12.18

プロタイムズ浜名湖ホームサービス

外壁の色にお悩みの方は、多くいらっしゃると思います。
その中には、ツートンカラーも選択肢に入れているという方もいるのではないでしょうか。

しかし、ツートンカラーはなんとなく難しそうなイメージがありますよね。

そこで今回から3回に分けて、ツートンカラーの外壁にする時のポイントについてご紹介いたします。

 

今回は、色の配分におけるポイントについてです。

2色で塗装するとなると、5:5で配分すると考えがちです。
実はバランスが良く見える配分は5:5ではありません。

 

バランスが良く見えるのは、7:3または8:2で配分されているときと言われています。

これはスーツをイメージしていただくと、分かりやすいのではないでしょうか?
スーツは、パンツとジャケットの色とシャツの色が8:2に近い配分になっています。
スーツを着ているとすっきり見えますよね。

 

また、外壁をツートンカラーにするときでも、アクセントに3色使用することがあります。
それも、スーツのパンツとジャケットの色、シャツの色、ネクタイの色の割合と同じように約7:2:1になる配分にするとバランスよく見えるようになっています。

 

外壁のツートンカラーの配分は、7:3または8:2にするということを頭に置いて、考えてみてくださいね。

無料診断&お見積り
矢印 矢印
スタッフ スタッフ

各種クレジットカードを
ご利用いただけます

  • VISA
  • DC
  • MasterCard
  • JCB
  • Diners Club
  • DISCOVER
  • AMERICAN EXPRESS

ペイペイが使えるようになりました

paypay