ツートンカラーの外壁にする時のポイント~色の選び方~

2016.12.20

プロタイムズ浜名湖ホームサービス

前回は、外壁をツートンカラーにする時の、色の配分のポイントについてご紹介いたしました。
スーツの色の配分をイメージするとわかりやすかったですよね。

2回目となる今回は、色の選び方のポイントについてご紹介いたします。

 

ツートンカラーの外壁は、2色か、2色に加えてアクセントカラーまたはセパレーションカラーとして1色使い、3色で塗装することもあります。

まず色の選び方のポイントは、同系色を選ぶことです。
例えばブラウンとベージュ、黒とグレー、グリーンと黄緑といった感じです。

 

一方の色を白にした場合は、たいていどんな色とも合わせることができます。
しかし白は汚れが目立ちやすい色でもあるので、とりあえず白と、決めつけることは避けておきましょう。

 

また、同系色でなんだかぼんやりとした印象になった場合は、3色目の出番です。
窓の縁だけにアクセントカラーを使用したり、2色の境目にセパレーションカラーを使用すると、色をはっきりさせることができます。

 

もし、特に希望の色が無い場合は、周りの家と同系色、または同程度の明るさのものにすると良いでしょう。
ツートンカラーで個性も出しつつ、周囲の家ともバランスもとれるのでおすすめですよ。

無料診断&お見積り
矢印 矢印
スタッフ スタッフ

各種クレジットカードを
ご利用いただけます

  • VISA
  • DC
  • MasterCard
  • JCB
  • Diners Club
  • DISCOVER
  • AMERICAN EXPRESS

ペイペイが使えるようになりました

paypay