スレート屋根のデメリット

2016.12.17

プロタイムズ浜名湖ホームサービス

前回はスレート屋根のメリットについてお話していきました。

今回はスレート屋根のデメリットについてお話していこうと思います。

 

スレート屋根のデメリットの一つに防音性が低いことが挙げられます。

スレート屋根はモノによっては厚さがそこまでなく、防音性は劣ってしまいます。

 

したがって、飛行機が毎日飛んでいる場所などでは、少しでも防音性を高めた屋根にしてみることも工夫の一つとして考えられます。

そしてもう一つ考えられることは、防水性です。

 

大きな災害などで傷が起きてしまった場合はスレート屋根はかなり防水性が弱くなってしまいます。

シンプルな構造のため修理はしやすいのですが、注意しなくてはいけない点の一つです。

 

最後に注意すべき点として、メンテナンス頻度が高いということです。

屋根のメンテナンスは、元来かなりメンテナンスしにくい面を持っています。

雨漏れなどが起きてからでは手遅れになってしまう場合もあるため、定期的に業者に見てもらう事をお勧めします。

 

いかがでしたでしょうか?

スレート屋根には今回挙げた以外にも様々なデメリットがあります。

自宅のまわりの環境をしっかり理解して選ぶようにしましょう。

そしてせっかくの大事な家に合った屋根を選びをしたいものですね。

無料診断&お見積り
矢印 矢印
スタッフ スタッフ

各種クレジットカードを
ご利用いただけます

  • VISA
  • DC
  • MasterCard
  • JCB
  • Diners Club
  • DISCOVER
  • AMERICAN EXPRESS

ペイペイが使えるようになりました

paypay