外壁塗装の下地処理って必要?

2016.10.15

プロタイムズ浜名湖ホームサービス

外壁塗装の工程をチェックしていると、「下地処理」と「下塗り」という言葉を目にすると思います。
似たような意味で、どちらか片方のみでよいのではないかと思われがちですが、実は下地処理は外壁塗装の中で最も大切な作業です。

下地処理では、塗り替え作業に入る前に、今の劣化した外壁部分を修理します。
仮に、下地処理をせずに塗装だけをしてしまうと、劣化したままの状態の上から塗装をすることになってしまいます。

これでは、一時的な塗装の効果はあるものの、長期的に見て住まいの保護という面からは弱くなってしまうのです。

具体的には、高圧洗浄機を使ってカビや藻を落としたり、表層部分のひび割れにフィラーをすり込んだりと、一つ一つ丁寧に補修します。

ただ、外壁塗装業者からすると、塗装をしてしまえば見えない部分の処理ではあるので、軽視されがちです。

信頼のできる業者に頼むか、自分で目視できる範囲で修理が必要な箇所を確認しておき、一つ一つ打ち合わせることが大切になってきます。

下地処理が綺麗に行われていると、そのあとの下塗りも適切に行うことができ、結果的に長持ちする外壁を作ることができます。

妥協はせずに、しっかりと業者と相談していきましょう。

無料診断&お見積り
矢印 矢印
スタッフ スタッフ

各種クレジットカードを
ご利用いただけます

  • VISA
  • DC
  • MasterCard
  • JCB
  • Diners Club
  • DISCOVER
  • AMERICAN EXPRESS

ペイペイが使えるようになりました

paypay