塗装の種類が違うと耐用年数もかわる!

2015.09.03

プロタイムズ浜名湖ホームサービス

外壁塗装工事を行う際に、重要なことの1つが塗料選びです。

 

外壁塗料には種類が複数あり、素材の違いによって耐久性と耐用年数が異なってきます。

 

一般的に、耐用年数と塗料の金額は比例しており、耐久年数が少ないものは費用が安く抑えることができ、耐久年数が長いものは費用が高くなるのはご存知でしょうか?

 

外壁塗料で多く使われているのがアクリルとウレタン、シリコンやフッ素塗料になります。

 

アクリルが一番耐用年数が短く、ウレタンが7から10年、セラミックシリコンが10から15年持つとされるのです。

 

セラミックシリコンは費用と耐用年数のバランスが取れていることから、人気の塗料になっています。

 

そしてフッ素塗料が12から17年と、長い耐用年数になるのです。

 

費用は高くなるものの、耐用年数が高いので経済的にはお得なこともあります。

 

外壁塗装は10年に1度くらいが目安ですから、塗料選びをするときは慎重に、用途と予算の両方を考えて決めると、家に合った塗料を選ぶことができるでしょう。

無料診断&お見積り
矢印 矢印
スタッフ スタッフ

各種クレジットカードを
ご利用いただけます

  • VISA
  • DC
  • MasterCard
  • JCB
  • Diners Club
  • DISCOVER
  • AMERICAN EXPRESS

ペイペイが使えるようになりました

paypay