塗装による体への影響について

2016.09.04

プロタイムズ浜名湖ホームサービス

住宅で起こってしまう病気の一つに、シックハウス症候群という病気があります。

 

これは、住宅の建築の際に使われる建材や接着剤などに含まれる化学物質が揮発してしまうことによっておこるもので、小さいお子さんがいるご家庭やアレルギーが気になる方にとっては避けたいものですよね。

 

このような体への影響というのは、外壁塗装でも起こりうるのでしょうか。

 

そこで、今回は、塗装による体への影響についてご紹介します。

 

結論からのべると、現在使われている塗料は、基本的に普通に生活する分には人体に害がないものがほとんどです。

 

一昔前だと、住宅で起こるシックハウス症候群の原因ともなる物質が含まれた塗料も使われていましたが、最近の塗料は人や環境にやさしいものがたくさん開発されています。

 

しかし、害はないといっても、塗料のにおいが気になって、臭いによってアレルギー反応を起こしてしまう方もいます。

 

そういった方は、安全性が高く、臭いも少ない水性塗料を選ぶのがよいでしょう。

 

最近の水性塗料は、油性塗料に劣らない耐久性も兼ね備えているので、アレルギーが気になる方は、水性塗料を選んでみてはいかがでしょうか。

無料診断&お見積り
矢印 矢印
スタッフ スタッフ

各種クレジットカードを
ご利用いただけます

  • VISA
  • DC
  • MasterCard
  • JCB
  • Diners Club
  • DISCOVER
  • AMERICAN EXPRESS

ペイペイが使えるようになりました

paypay