さび止め塗料の役割とは

2016.08.26

プロタイムズ浜名湖ホームサービス

外壁塗装というのは、塗料にもよりますが、そんなに頻繁にするものでもなく、やはり失敗したくないものですよね。

 

そうはいっても、外壁塗装は塗料の種類も豊富ですし、工程もたくさんあって、何を基準に選べばよいのか、何が正しいのかわからないというかたもいらっしゃるでしょう。

 

今回は、外壁塗装のオプションとしてあるさび止め塗料の役割についてご紹介します。

 

まず、そもそもサビというのは、大気中の水分が金属と接することで発生してしまうので、時間が経過するとともに、増えてしまうものなのです。

 

どんな塗装でもある程度は錆を防ぐことができますが、どうしても塗料の塗膜が水や空気を通してしまうことで、少しずつでもサビが発生してしまいます。

 

そこで、必要になってくるのがさび止めです。

 

さび止め塗料の役割としては、基盤を酸素や水分から遮断したり、電気抵抗の大きい皮膜を作ったりということがあげられます。

 

電気抵抗の大きい皮膜を作るというのは、鉄のイオン化を防止することにつながり、
結果的にさび止めの効果を発揮するのです。

 

このように、さび止めを塗るか塗らないかで、その後の外壁の持ちは錆に対して確実に強くなります。

 

長く外壁を美しいままで保ちたいという方は、外壁塗装でのさび止めを検討してみてはいかがでしょうか。

無料診断&お見積り
矢印 矢印
スタッフ スタッフ

各種クレジットカードを
ご利用いただけます

  • VISA
  • DC
  • MasterCard
  • JCB
  • Diners Club
  • DISCOVER
  • AMERICAN EXPRESS

ペイペイが使えるようになりました

paypay