木材塗装が他の建築素材の塗装と違う点

2016.08.29

プロタイムズ浜名湖ホームサービス

前回のブログで、木材ならではの特徴やポイントをご紹介しました。

 

調湿機能による伸縮性や木目のデザイン性などの理由から、木材はほかの材質と異なった塗装をする必要があるのです。

 

今回は、木材塗装がほかの建築素材の塗装と異なる点についてご紹介します。

 

まず、調湿機能を妨げないような塗装に、浸透型塗装という塗装方法があげられます。

 

ほかの素材にも使える塗料を使ってしまうと、木材の調湿機能によって、木自体が伸縮し、塗膜がはがれやすくなってしまうので、このような特殊な塗料を使う必要があるのです。

 

また、木目を生かしたままの塗装をするには、半透明の着色仕上げなどが有効ですし、
ものによっては、木目が消えてしまうというより、薄くなってしまっていた木目もきれいな色によみがえります。

 

他にも、自然素材にこだわって木造の家を選んだという方には、天然素材を原料とした自然塗料などを用いるとよいでしょう。

 

木材が他と違う塗装となる理由と、どのような方法で木材を生かした塗装ができるのか、お分かりいただけたでしょうか。

 

塗装をすることによって、木材自体の寿命は延びますし、きれいなまま維持することができます。

 

木材の塗装を検討してみてはいかがでしょうか。

無料診断&お見積り
矢印 矢印
スタッフ スタッフ

各種クレジットカードを
ご利用いただけます

  • VISA
  • DC
  • MasterCard
  • JCB
  • Diners Club
  • DISCOVER
  • AMERICAN EXPRESS

ペイペイが使えるようになりました

paypay