チョーキング現象は家の劣化サイン!?

2016.08.07

プロタイムズ浜名湖ホームサービス

 
みなさん、家の外壁を触って白い粉がついたといったような経験はありませんか?
 
この白い粉がついてしまうという現象をチョーキング現象と呼び、放置しておくとその部分から外壁に水などが入ってしまい、劣化の原因となってしまいます。
 
チョーキング現象は、紫外線などの影響により、外壁などの塗膜の劣化が進んでしまうことを言い、この現象が起きる状態というのは、外壁塗装の塗り替えのサインなのです。

また、チョーキング現象が起きている外壁というのは、既に撥水能力がかなり落ちてしまっているので、壁を触ってみて手に白い粉がついたら、すぐに専門の塗装業者に相談する必要があります。

 

もしもチョーキング現象を放置しておくと、外壁に水が入り込んでいってしまうことにもつながり、外壁自体の劣化も引き起こしてしまうのです。
 
外壁自体の劣化が進行してしまうと、対処しようと思っても大がかりな工事が必要となり、その分費用もかさんでしまいます。
 
結果的に早めに外壁塗装をすることが外壁を長持ちさせることになり、家自体をも長く守ることにもつながります。
 
チョーキング現象が見られたら、早めのご相談をお待ちしております。

無料診断&お見積り
矢印 矢印
スタッフ スタッフ

各種クレジットカードを
ご利用いただけます

  • VISA
  • DC
  • MasterCard
  • JCB
  • Diners Club
  • DISCOVER
  • AMERICAN EXPRESS

ペイペイが使えるようになりました

paypay