外壁塗装の流れとは ~下塗り~

2016.08.01

プロタイムズ浜名湖ホームサービス

 
 
数回にわたって、外壁塗装の流れを説明してきましたが、
ここでやっと外壁塗装の塗装が始まります。
 
もちろん下準備も大事なことですが、塗装についてもしっかりと知っておいて欲しいところです。
 
そこで今回は、外壁塗装の下塗りについて紹介します。
 
外壁塗装の塗装工程の部分は3度塗りが基本となります。
一番初めの塗装、下塗りの主な役割というのは、下塗りの上から塗る塗料の密着性を高めるというものです。
 
色は仕上げの色とは異なりますが、あくまでも上から仕上がりの色を塗っていくので心配はいりません。
むしろ、初めから仕上がりの色を塗っているのは、下塗りの工程を省いてしまっている可能性があるので、注意しましょう。
 
 
また、下塗りをすることには、小さいひび割れなどを埋めるという役割もあります。
ひび割れなども小さいものだと、塗装で保護することが可能です。
ヒビが大きくなってしまってからでは下塗りで対処できず、別に補修作業が必要になってしまうということもあります。
 
下塗りの作業を省いてしまうと、その後の塗装の持ちが悪くなってしまうことが起きる可能性があります。
 
外壁塗装の工程に下塗りがしっかり含まれているかを見積もりの段階で確認しておきましょう。

無料診断&お見積り
矢印 矢印
スタッフ スタッフ

各種クレジットカードを
ご利用いただけます

  • VISA
  • DC
  • MasterCard
  • JCB
  • Diners Club
  • DISCOVER
  • AMERICAN EXPRESS

ペイペイが使えるようになりました

paypay