マンション塗装の注意点

2016.07.21

プロタイムズ浜名湖ホームサービス

マンションは経年とともに劣化して行きます。

そうなれば、見栄えも悪くなり、新たな入居者の確保にも問題が生じるため、一定の期間ごとに再塗装を行い、見栄えを良くする必要があります。

その期間は、約10年が目安と言われていますが、マンションのコンディションなどから適宜判断した方が良いでしょう。

その際に注意しなければならないこととしては、まず工事中洗濯物は干せないということが挙げられます。

そのため、管理人としては、塗装をすることを居住者に早めから知らせる必要があります。

これは、マンションの周囲に足場を組み、シートで被う必要があるからなのですが、現在では、足場なしでも塗装可能な場合があるため、これを利用することで、居住者の利便性を損なわずに塗装を済ませることもできるのです。

この手法は、足場を組む手間やコストを省き、マンションの周囲をシートで被う必要もなくなるというメリットがあります。

ただし、足場がない分、広域を一気に塗装することができないため、作業に時間がかかることになりますし、屋根の形状がロープを垂らすのに向いていないと作業ができないという問題点があることも忘れないようにしましょう。

無料診断&お見積り
矢印 矢印
スタッフ スタッフ

各種クレジットカードを
ご利用いただけます

  • VISA
  • DC
  • MasterCard
  • JCB
  • Diners Club
  • DISCOVER
  • AMERICAN EXPRESS

ペイペイが使えるようになりました

paypay