外壁をツートンカラーにする時は

2016.07.12

プロタイムズ浜名湖ホームサービス

外壁の塗装も時代とともに、多種多様になりました。

外壁は、建物全体のイメージを大きく左右するもので、色の選択ひとつで、スタイリッシュなものや、あたたかみあふれるものになったり、個性的なイメージになったりと変化します。

一般的には単色での塗装が多いですが、ツートンカラーなど、多色使いで行う際は注意したい点があります。

まず、調和がとれた同系色を選ぶことです。

反対色などを使うと奇抜になりすぎ、周囲との調和も取れません。

同系色であれば自然な感じで、建物全体のバランスも崩すことなくイメージもまとまります。

色は最大でも3色までに抑えることも大事です。

それ以上になるとバランスと品が失われてしまいます。

また、色を分けのポイントは、上下や出っ張り部分で分けることです。

違和感なくまとまった外観をつくりあげることができます。

外壁で失敗しないためにも、それらのポイントを押さえ、しっかりカラーシュミレーションを行うことが大切です。

色ひとつで、建物の外観のイメージが決まります。

建物全体と周囲や環境とのバランスを大きく捕らえ、カラーショミレーションを重ねて後悔のない外壁にしていきましょう。

無料診断&お見積り
矢印 矢印
スタッフ スタッフ

各種クレジットカードを
ご利用いただけます

  • VISA
  • DC
  • MasterCard
  • JCB
  • Diners Club
  • DISCOVER
  • AMERICAN EXPRESS

ペイペイが使えるようになりました

paypay