シックハウス症候群の症状とは

2016.05.12

プロタイムズ浜名湖ホームサービス

もしあなたが、新しい家やリフォームしたばかりの家に入居して、まるで風邪や花粉症のように感じたら、それはもしかしたらシックハウス症候群かもしれません。

 

シックハウスを直訳すると、「病気の家」という意味で、家屋の影響で、様々な病気や健康障害やアレルギーを発症することです。

 

家屋の影響というのは、建材や家具などに含まれる化学物質が発生する有毒ガスや、カビやダニやウィルスなどが原因ということで、それらが、密閉性の高い室内に籠ったために起きる症状なのです。

 

シックハウス症候群になると、目がチカチカして痛みを感じ、激しい頭痛に悩まされたり、全身の倦怠感を感じたり、喉にも痛みを感じたりします。

 

そのため、風邪や花粉症のような印象を受けることもあります。

 

最近は特に、住宅の高気密・高断熱化が進んでいますし、新建材と呼ばれる化学物質を含んだ建材が多く使われているため、これらの症状を感じる人が以前よりも増加しています。

 

もし、引っ越しをしたとたんに、頭痛やめまいや喉の痛み、そして目に違和感を感じることがあったら、それはシックハウス症候群かもしれません。

無料診断&お見積り
矢印 矢印
スタッフ スタッフ

各種クレジットカードを
ご利用いただけます

  • VISA
  • DC
  • MasterCard
  • JCB
  • Diners Club
  • DISCOVER
  • AMERICAN EXPRESS

ペイペイが使えるようになりました

paypay