雨漏りが及ぼす被害とは?

2016.04.24

プロタイムズ浜名湖ホームサービス

長く家に住んでいると、雨漏りを経験されたことがある人もいらっしゃることだと思います。

雨漏りは放置しておくと、家を徐々に悪化させていくことになりますので、もし発見したならばすぐに修理をするようにしなければなりません。

家を徐々に悪化させていくといいますが、いったいどのような悪影響を及ぼすこととなるのでしょうか?

 

 

一つ目は、もちろん家にも悪影響を及ぼすこととなりますが、家の中に住んでいる人の健康にも悪影響を及ぼすことになるということです。

 

 

雨漏りをすると家の中の湿度があがり、また、湿度があることによって、カビが発生しやすくなります。

カビが発生すると、カビの種類によってはアレルギーにかかってしまうことがあるので、大変危険です。

カビ菌は毒素を分泌することもありますので、人体にとっては悪影響を与えるばかりです。

 

 

また、雨漏りの放置は、シロアリを発生させます。

シロアリによって家の構造上重要な柱が食べられてしまうと、地震が起きたときすぐに崩れます。

 

 

早く手を打てば打つほど、体や住宅に与える悪影響を減らすことが出来ます。

家が劣化すれば劣化するほど修理費が上がっていきますので、できるだけ早く修理するようにしましょう。

無料診断&お見積り
矢印 矢印
スタッフ スタッフ

各種クレジットカードを
ご利用いただけます

  • VISA
  • DC
  • MasterCard
  • JCB
  • Diners Club
  • DISCOVER
  • AMERICAN EXPRESS

ペイペイが使えるようになりました

paypay