外壁のシミの原因って?

2016.04.16

プロタイムズ浜名湖ホームサービス

外壁とみていると、たまにシミのようなものを見たことはありませんか?

なぜそのようなシミができるのかご存知でしょうか?

 

今回は外壁のシミの原因についてお話します。

 

 

 

外壁には塗装が施されているタイプが一般的に利用されていますが、モルタルやサイディングなどの外壁の場合では、経年劣化によってシミができてしまうことがあります。

 

この原因に関しては様々な内容があり、空気中や雨の中に含まれている不純物などによって汚れが蓄積されてしまいます。

その後は重力で下側に流れ込んでしまうことがあり、シミが広がってしまうことがあります。

 

 

 

一方で換気扇や煙突などの下側に位置している部分に対しては、油汚れなどが付着してしまい、シミの状態になり同じように広がってしまうことがあります。

 

 

外壁のシミは塗料が比較的新しい状態ならば、直ぐに落とすことが可能になりますが、一定期間が経過しているような状態であれば、汚い状態から綺麗な状態に戻すことが難しく、塗り替えを行うことが求められています。

 

 

外壁の種類によっては、外壁の下地から腐食が始まってしまい、表面の塗膜にシミのような跡が浮き出てしまうという原因も見られます。

 

下地を傷めないためにも定期的に塗り替えリフォームを行うことが最適な方法で、できるだけ高品質な塗料を選ぶこともよいでしょう。

無料診断&お見積り
矢印 矢印
スタッフ スタッフ

各種クレジットカードを
ご利用いただけます

  • VISA
  • DC
  • MasterCard
  • JCB
  • Diners Club
  • DISCOVER
  • AMERICAN EXPRESS

ペイペイが使えるようになりました

paypay