チョーキングの発生原因

2015.08.13

プロタイムズ浜名湖ホームサービス

壁を触ると白い粉が付くことはありませんか?

 

それをチョーキングといい、
これは塗装が劣化をしているサインとなっています。

 

それでは、なぜチョーキングが起きるのかというと、
主に紫外線による劣化が原因です。

 

紫外線が塗装面の表層から顔料を浮かび上がらせることで発生します。

 

チョーキングが起きると言う事は、
外壁の塗装がはがれて、中に水を含みやすくなっている証拠であり、外壁の保護効果が薄れてきている状態です。

 

外壁の保護効果が薄れてきてしまうということは、
それまで外壁塗装によって外壁は紫外線や雨風の影響を受けずに済んできたのが、直接外壁にこれらの影響を受けることになることから外壁自体の劣化が進んでしまうことになります。

 

塗装というのは比較的簡単に塗りなおしをすることができますが、
外壁が劣化してしまうと簡単に修繕をするということができず、
手間や費用がかかってきてしまうのです。

 

5年以上同じ塗装の外壁だとチョーキングが起きている可能性が高くなりますから、剥がれといった目で見てわかる劣化症状だけでなくチョーキングのような劣化のサインも見落とさないようにしましょう。

無料診断&お見積り
矢印 矢印
スタッフ スタッフ

各種クレジットカードを
ご利用いただけます

  • VISA
  • DC
  • MasterCard
  • JCB
  • Diners Club
  • DISCOVER
  • AMERICAN EXPRESS

ペイペイが使えるようになりました

paypay