浜松市の外壁塗装・屋根塗装ならプロタイムズ浜松西店へ

0120-245-901

営業時間 9:00 ~ 18:00(日・祝を除く)

無料相談・お見積のお問い合わせ

情報ブログ

WEBLOG

外壁に膨らみが?

外壁に膨らみがあるときは、外壁内部に水が侵入している可能性があります。 外壁は劣化すると塗膜が剥がれ、ひび割れを起こしやすくなります。 ひび割れた隙間から雨水が湿気が入り込むことで、外壁に膨らみが生じてしまうのです。 また外壁塗替えをしたばかりなのに膨らみがあるというときは、塗替えをするときの汚れ落としや下地塗料が不十分だった可能性があります。   丁寧に汚れを落とさずにそのまま塗料を上から塗ってしまうと、外壁と塗料の密着性が弱く、間に空気が入り込んだりして膨らむことがあるのです。 外壁に膨らみができたときは、補修をする必要があります。 膨れなどを削って塗り直しを行えば、美しい外壁に仕上げることができます。   劣化原因次第では、業者に相談して保証を行ってもらう必要があります。 下地処理が不十分で膨らみが起こったときは、業者の工事に落ち度があったといえますから、保証を受けられるかどうかを問い合わせてみることをおすすめします。   一般的な外壁塗装業者であれば保証期間を設けていますから、早めに申し出て塗装のし直しをしてもらうようにしましょう。

無料相談・見積り受付中

  • 0120-245-901
  • メールでのお問い合わせはこちら