浜松市の外壁塗装・屋根塗装ならプロタイムズ浜松東店へ

0120-245-901

営業時間 9:00 ~ 18:00(日・祝を除く)

無料相談・お見積のお問い合わせ

情報ブログ

WEBLOG

外壁にサビが付く条件~鉄筋コンクリート住宅~

前回は木造住宅でさびが発生する条件についてお話ししました。
木造住宅でも条件によってはさびが付いてしまうこともあるんですね。
さて、今回は鉄筋コンクリート住宅でさびがつく原因についてお話していきます。

 

・仮設アンカーから
鉄筋コンクリートの住宅を建てる際、足場を固定するために使用される仮設アンカーから錆が発生することがあります。これは、工事が終わってから数年たった後から発生する可能性があるものです。これを解決するためには、原因となっているアンカーを撤去し、再塗装をする必要があります。

 

・壁の内部の赤さびが流れ出る
壁の内部で発生してしまっている赤さびが、雨水などで外壁にまで流れ出ている場合もあります。この場合は、木造住宅の場合と同様に原因を突き止めることが大事です。さびの上から塗装をして隠すことは容易ですが、原因を解決しなければその繰り返しになってしまいますから、注意が必要です。

 

いかがでしたでしょうか。
木造住宅であっても、鉄筋コンクリート住宅であっても、さびが発生している場合はその原因を探ることがとても大切です。
さびが出たときは放置をせず、早めに対策をするように心がけましょう。

無料相談・見積り受付中

  • 0120-245-901
  • メールでのお問い合わせはこちら