浜松市の外壁塗装・屋根塗装ならプロタイムズ浜松西店へ

0120-245-901

営業時間 9:00 ~ 18:00(日・祝を除く)

無料相談・お見積のお問い合わせ

情報ブログ

WEBLOG

外壁にサビがつく条件~木造住宅編~

外壁は家の外観を左右しますから、できるだけきれいに保ちたいですよね。
そんな時に気になるのが、外壁のサビです。
そこで今回はさびが付く条件についてお話していこうと思います。
まずは木造住宅の場合です

 

・内部から発生
木造住宅でも錆が発生するのかと驚かれる方も多いかもしれませんが、木造住宅の中にも外壁の内部に合金を使っている場合があり、そこに雨水が入り込むことによってさびが発生することがあります。この場合、どこから発生しているのかを発見するためには実際に中を確認する必要があるため、原因を突き止めるために手間がかかることが多いです。

 

・バルコニーなどの手すりから
バルコニーなどに金属製の手すりを使っている場合、その錆が雨水などと一緒に流れ出している場合があります。この場合、それらの器具に防水用のシーツを使うなどして、水が流れるのを防ぐことが必要です。

 

いかがでしたでしょうか。
たとえ木造住宅であっても条件によっては外壁にさびが付く場合があります。
さびはこびりついてしまうと取り除くのも大変ですから、未然に防いでいきたいですね。
次回は鉄筋コンクリートの住宅でさびが付く条件についてお話します。

無料相談・見積り受付中

  • 0120-245-901
  • メールでのお問い合わせはこちら