浜松市の外壁塗装・屋根塗装ならプロタイムズ浜松東店へ

0120-245-901

営業時間 9:00 ~ 18:00(日・祝を除く)

無料相談・お見積のお問い合わせ

情報ブログ

WEBLOG

外壁のコケ・カビの原因

外壁は家の印象を大きく左右するものですから、いつまでもきれいに保ちたいですよね。しかし、雨風に何年もさらされていることで、どうしてもよごれていってしまいます。また、あまり月日がたっていないにも関わらず、汚れてしまう場合もあります。
そこで今回は、汚れの中でもコケやカビがはえてしまう原因をご紹介したいと思います。

 

・水分が原因
コケやカビは胞子を飛ばして繁殖します。普通の植物と違って、タイルやコンクリートなど固い場所でも根を張ることができるため、胞子がとりついた場所が繁殖しやすい環境になると一気に繁殖します。繁殖しやすい環境にさえなっていれば、たとえ新しい家の外壁であっても繁殖してしまいます。
では、コケやカビが繁殖しやすい条件とは何なのでしょうか。キーワードは「水分」です。水分が長時間残っている外壁にはコケやカビは繁殖しやすくなります。カビは栄養がなければ繁殖しませんが、コケは自分で光合成をして栄養を造るので、どんどん繁殖していきます。

 

いかがででしたでしょうか。
外壁のコケやカビは水分が原因で繁殖していたんですね。

 

次回は、外壁にコケやカビが付きやすくなる条件についてお話していきます。

無料相談・見積り受付中

  • 0120-245-901
  • メールでのお問い合わせはこちら