艶ありと艶なし、どちらを選ぶべき?

2016.09.15

プロタイムズ浜名湖ホームサービス

外壁塗装の塗料は種類が豊富ですし、塗料そのものを選ぶだけではなく、いろいろとオプションをつけることもできます。

 

オプションの中の一つに、艶ありと艶なしがあるということをご存知の方も多いのではないでしょうか。

 

この艶ありと艶なし、結局どちらを選ぶのが良いのかわからないという方に
今回は、艶ありと艶なし、パターン別にオススメの塗料をご紹介します。

 

まず、艶なし塗料は和風住宅のシックな雰囲気によく合う塗料です。

あまりにもピカピカしすぎると、品がない、落ち着きがないといった印象を与えてしまうこともあるので、艶なし塗料がおすすめとなります。

 

艶なしとまではいかなくとも、艶を出したいのであれば、3分艶くらいを選ぶことをお勧めします。

 

一方、艶ありの塗料はなんといっても、塗り替えると新築感が出て、小ぎれいな印象を与えることができるのです。

また、機能性だけでみると、艶ありのほうが汚れも付きにくいという特徴も兼ね備えています。

このように、艶ありと艶なし、どちらがおすすめなのかということをお話ししましたが、
最終的には、自分の家をどのようなイメージに近づけたいのかということになるのです。

和風だと艶消しにしなければならないと、決められているわけでもありません。

どういった外観の家に住みたいのかを考えて、艶ありと艶なしをえらんでみてください。

無料診断&お見積り
矢印 矢印
スタッフ スタッフ

各種クレジットカードを
ご利用いただけます

  • VISA
  • DC
  • MasterCard
  • JCB
  • Diners Club
  • DISCOVER
  • AMERICAN EXPRESS

ペイペイが使えるようになりました

paypay