悪徳業者が行う手抜き工事の実態①

2016.05.30

プロタイムズ浜名湖ホームサービス

これは正直素人目にはわからないでしょう。
ただ、このような手抜きをされる可能性があるので注意していただきたいです。
契約した後でも油断は禁物です。
 
今回は、実際に悪徳業者が行う手抜き工事を2つ紹介します。
 
1つ目は、ケレンなどの下地作業を行わない。

ケレンとは塗装をする前に、サビや元々塗られている塗料の除去を行うこと指します。
屋根や壁、鉄部などの清掃は外壁塗り替えの前にはかならず必要な工程であり、この処理に手抜きがあると後の剥がれの原因になることがある。
 
2つ目は、見積書通りの塗装回数を行わない
外壁塗装は通常3回塗りをしますし、当然、見積書にも何回塗るかが記されているはずです。
しかし、2回塗ったか、3回塗ったかなんて到底素人にはわかりません。
悪徳業者は見積もった回数を塗らないのです。
 
どちらも非常に悪質ですよね。
工事中に気付いたことは,遠慮せずに現場の責任者に尋ねましょう。
少々煙たがられたとしても,工事が終わってからモメることになるよりはマシです。
重点的にチェックすることで業者の手抜き、外壁塗装工事に対する業者の姿勢をチェックすることができます。

無料診断&お見積り
矢印 矢印
スタッフ スタッフ

各種クレジットカードを
ご利用いただけます

  • VISA
  • DC
  • MasterCard
  • JCB
  • Diners Club
  • DISCOVER
  • AMERICAN EXPRESS

ペイペイが使えるようになりました

paypay