初めての方へ

introduction
ローラーアイコン

初めての方へ

スタッフ写真

はじめまして、プロタイムズ浜松西店です。当社は昭和54年の創業以来、外壁・屋根塗装の専門店として、塗装技術を磨き続けてきました。外壁・屋根塗装は傍目にはあまり差がないように見え、「どこでも同じじゃないの?」と思われる方も多いでしょう。ただ、塗装は技術が物を言う世界で、専門知識と腕を持った職人が施工しないと、10年保つはずが5年でダメになったりします。しかし不良施工に気づくのは、ダメになった後。それでは手遅れです。そのためお客様には、しっかりと業者の話を聞いてから判断いただきたいと思います。ぜひ当社もその1つの選択肢に入れていただき、お話をさせてください。専門技能を持った職人が、丁寧に説明致します。

始めての方へ

塗装はハウスメーカー以外にも依頼できます

勘違いされている方も多いのですが、実は家を建てたハウスメーカーでなくても、外壁・屋根塗装は問題なく依頼することができます。ハウスメーカーの塗装は金額が高く、実際に当社のお客様の中にもハウスメーカーの見積りが高いという理由で、当社へ見積りに来られる方もいらっしゃいます。塗装を専門に行う業者に依頼することで、経済的かつ高品質の塗装を受けることができます。外壁・屋根塗装なら、ぜひ専門店にご相談ください。

専門店にお問い合わせ

POINT

塗り替えの目安

外壁・屋根塗装を行う目安は、一般的に築10年と言われています。現在日本の住宅の約8割は、窯業系サイディングボードという外壁材を使っています。窯業系サイディングボードは主成分がセメントのため、防水性能がまったくありません。そのため塗装をすることで、外壁に防水性を持たせています。しかしその防水性能も5~7年で切れてしまうため、目安として築10年で塗装をする方が良いとされているのです。ただ塗膜の寿命は塗装剤によって異なるため、厳密には塗装剤を見て判断する必要があります。

塗り替えの目安
POINT

塗装のメリット

塗装には、2つのメリットがあります。まずは、美観を取り戻せるということ。常に雨風や紫外線に晒される外壁・屋根は、日に日に劣化していきます。そこに外壁・屋根塗装をすることで、新築のような美観を取り戻すことができます。そしてもう1つが、お家の耐久性を高められるということ。外壁・屋根は雨風・紫外線だけでなく、湿気やサビ、カビなど過酷な環境に晒されています。塗装はそのような過酷な環境下でも外壁・屋根を守り、家の耐久性を高める役割も果たしているのです。

POINT

塗り替えが必要なサイン

外壁・屋根が劣化してくると、特徴的なサインが現れます。劣化のサインを見逃して放置してしまうと、お家の耐久性に大きな問題が生じることになります。下記のようなサインが見られる場合は、少なくとも一度診断してみることをおすすめします。

  • チョーキング

    チョーキング

    塗装の必要性:中

    外壁を触った時に、白い粉が手につくことを「チョーキング現象」といいます。これは紫外線や直射日光、風雨などが原因となり、塗装の表面が劣化して起こるもの。チョーキング現象を放置しておくと、外壁のひび割れやカビの発生などにまで発展する恐れがあります。

  • 塗膜の膨れ・剥離

    塗膜の膨れ・剥離

    塗装の必要性:高

    外壁塗膜が劣化してくると、外壁の塗膜が膨れたり、剥がれたりしてきます。塗膜の膨れ・剥離を放置してしまうと、外壁内部へ雨水が浸入し、ひび割れを引き起こしたり内部の木材を腐らせたりしてしまう恐れがあります。

  • 構造クラック(ひび割れ)

    構造クラック(ひび割れ)

    塗装の必要性:高

    外壁のひび割れのことを「クラック」といいます。クラックの幅が0.3mm以下のものを「ヘアークラック」、0.3mm以上のものを「構造クラック」と呼び、構造クラックがある場合には、早急なメンテナンスが必要となります。クラックを放置しておくと、そこから雨水がどんどん浸入し、カビが生えたり内部の木材が腐敗して家の耐久性が大きく下がる危険性があります。

  • シーリング材の塗膜剥がれ・割れ

    シーリング材の塗膜剥がれ・割れ

    塗装の必要性:高

    サイディングボードの継ぎ目や窓のサッシ回りなど、シーリング部分が劣化し亀裂が生じていることがあります。シーリング材も雨水が内部に侵入することを防ぐ役割を果たしており、放置すると他の部位の劣化にまで発展する可能性があります。

  • 水垢・シリコン・カビ・藻などによる汚れ

    水垢・シリコン・カビ・藻などによる汚れ

    塗装の必要性:高

    塗料自体のコーティング作用がなくなることで、徐々に水垢やカビ、コケなどが蓄積していきます。美観性にも大きな問題があり、劣化が一気に進むサインでもあるので、お早めの塗り替えをおすすめします。

まずは無料診断へ

塗り替えのサインが見られる場合はもちろん、築年数が10年を超えている場合は、一度外壁・屋根の診断をしてみましょう。当社では、外壁劣化診断士などの専門資格を持ったプロがドローンなどの最新技術を活用し、無料で外壁・屋根を診断しております。それぞれの劣化症状に応じて適切な補修方法を無料でお伝え致しますので、ぜひ一度当社にご相談ください。

お問い合わせ

施工実績

無料診断&お見積り
矢印 矢印
スタッフ スタッフ

各種クレジットカードを
ご利用いただけます

  • VISA
  • DC
  • MasterCard
  • JCB
  • Diners Club
  • DISCOVER
  • AMERICAN EXPRESS

ペイペイが使えるようになりました

paypay