浜松市の外壁塗装・屋根塗装ならプロタイムズ浜松東店へ

0120-245-901

営業時間 9:00 ~ 18:00(日・祝を除く)

無料相談・お見積のお問い合わせ

情報ブログ

WEBLOG

FRP防水

FRP防水

FRPとはガラス繊維などで補強されたプラスチックという意味の、繊維強化プラスチック(Fiberglass Reinforced Plastics)の略称です。この素材は強度、耐水性、成型性に優れているという特徴を持ちます。

FRP防水とは1970年代初期に開発されて以来、国内の様々な現場で利用されている非常に有用な防水法で、繊維強化プラスチックの特徴を防水分野に利用した塗膜防水のことです。まず液状の不飽和ポリエステル樹脂に硬化剤を加えて混合します。これを補強材(ガラス繊維など)と組み合わせて一体にすることで、防水性の高い継ぎ目のない層が出来上がるのです。

この構造は硬化速度が他の塗膜防水に比べて速いという優れた一面を持ちます。そのため1日で何層も塗り重ねることが可能なので、作業効率を上げられるというメリットがあるのです。また重さにも強いので、防水層の上を歩くことができます。さらに軽量なのでビルの屋上などにも利用が可能です。

 

お役立ち情報

FRP防水は継ぎ目がないので耐水性に加え、耐薬品性にも優れています。これを利用してプールや水槽などに使われているのです。特に薬品槽や下水道施設ではこのメリットが存分に生かされています。

またこの防水加工を施した層では耐えられる重量に余裕があり、車の走行も可能なので屋上駐車場の防水にも利用されています。このときFRP防水層が軽量なので躯体に負荷をかける心配がありません。また植物の根に対する貫通抵抗性にも優れているので、屋上緑化施設の建設にも適していると言えます。

FRP防水工法に使用されている材料には、消防法の危険物に指定されているものが多くあります。ですから工事を行う際には火気に充分注意しなければなりません。またこれらの材料を保管する際は、湿気や直射日光を避けた場所を選ぶ必要があります。

施工時には有機溶媒をはじめ、特有の臭気を持つ材料を使うので換気に配慮しましょう。近年ではこの臭気を抑えた樹脂も開発されており、浴室内の施工など幅広い分野で使用されるようになっています。

 

 

無料相談・見積り受付中

  • 0120-245-901
  • メールでのお問い合わせはこちら