浜松市の外壁塗装・屋根塗装ならプロタイムズ浜松東店へ

0120-245-901

営業時間 9:00 ~ 18:00(日・祝を除く)

無料相談・お見積のお問い合わせ

情報ブログ

WEBLOG

レンガ

レンガ

レンガは粘土や泥などを型に入れて焼き固めた、もしくは圧縮した建築材料の一つです。

赤茶色の直方体を思い浮かべますが、今では様々な色や形のものがあります。赤レンガ倉庫のように建築物全体に使用するものもありますし、洋風のテイストを出すために一部分に使用するものもあります。日本では近代化に伴い広まった建築材料なので、大正、明治から残る洋風の建物によく使われています。

しかし、実際には耐震性が弱いため、総レンガ造りのものはなく、木造や鉄筋コンクリートの上に貼り付けてあるものが多くあります。また、積み方も様々で、すべての列に小口部分が見える小口積みや、小口と長手を交互に積むフランドル積み、イギリス積みなどがあります。そして、大きさも国によって異なります。

最近はフランス風やスイス風、アメリカ風などの様々な洋風建築の家や創作を活かしたデザインの家を作る方が増えているので、簡単に洋風テイストを出す建築材料として注目を集めています。

 

お役立ち情報

では、どのように用いるかというと、例えばキッチンのカウンターに用いると洋風の創作キッチンになります。

リビング、ダイニングに向いたカウンター部分の表面に貼り付ければ簡単にアメリカンテイストのキッチンになります。レンガの色も様々なので、ブロック感を出すならグレー、ナチュラルな感じにしたいならベージュ系の色を貼り付けると一気に印象が変わります。また、廊下の壁面に用いると屋内にいながら異国の路地にいるようなテイストにすることもできます。その際は廊下の照明も洋風の街灯のようなデザインにすると、より一層異国館が増します。また、外壁にも表面に貼り付けるだけで簡単に洋風建築のように見せることができます。

外壁に用いる際はエクステリアにも同色、もしくは似通った色合いのレンガをところどころに入れて作ると家全体のまとまり感が出て、素敵な建築物になります。その際に余ったレンガがあれば、庭のガーデニング用の花壇に使えたりできます。

 

 

無料相談・見積り受付中

  • 0120-245-901
  • メールでのお問い合わせはこちら