浜松市の外壁塗装・屋根塗装ならプロタイムズ浜松東店へ

0120-245-901

営業時間 9:00 ~ 18:00(日・祝を除く)

無料相談・お見積のお問い合わせ

情報ブログ

WEBLOG

無機塗料(むきとりょう)

無機塗料(むきとりょう)

塗料には大きく分けて、有機塗料(ゆうきとりょう)と無機塗料(むきとりょう)があります。

有機塗料というのは、炭素でできているもの塗料です。無機塗料とは主に鉱物や金属、ガラス、陶器などの原料と同じものでできている塗料です。

そのため、陶器がいつまでも艶があり何十年も長持ちするように、無機塗料は、有機塗料のアクリル塗料が8年、シリコン樹脂塗料が10年~13年なのに対し、条件さえ整っていれば20年以上塗り替えをしなくてもよいというのが特徴です。そのため、家の外壁に用いられることが多いです。しかも艶があり汚れにくく、燃えにくいという性質を持っています。

デメリットとしては、価格が高いことがあげられますが、汚れや耐久性に優れていて、塗り替えをしなくても済むということであれば、10年くらいで塗り替えをしなければならない有機塗料に比べて、トータルでコストパフォーマンスが塗料と良いといえます。ただし、塗料は職人の腕によるところが多いので良い業者を選ぶことが大切です。

 

お役立ち情報

無機塗料は、高価ですが、20年以上も持ち耐久性に優れていて、艶があり、汚れにくく燃えにくいという性質のために、家の外壁に使われています。ただし、注意することがあります。それは、耐久性に優れているということは、一度塗装してしまうとなかなか、修正しにくいという特徴を持っています。

しかも、艶があります。その艶もなかなか修正できませんが、艶というものは厄介なものでも有ります。艶があるために、光り輝いて見えて美しいという見え方と、テカテカして安っぽいという見え方があるからです。良いほうにいけば無機塗料の最高のよさを生かせますが、反対になれば、塗り替えも大変なので、何十年も苦労します。

そこで、無機塗料の艶で失敗しない色使いですが、一般的に、艶を沢山出すときには暗い色にします。一方艶が少ないときには、明るめの色にします。すると、艶があり色がド派手で安っぽい家という印象になることはありません。艶があっても落ち着いた感じの家に仕上がります。

 

 

無料相談・見積り受付中

  • 0120-245-901
  • メールでのお問い合わせはこちら