浜松市の外壁塗装・屋根塗装ならプロタイムズ浜松東店へ

0120-245-901

営業時間 9:00 ~ 18:00(日・祝を除く)

無料相談・お見積のお問い合わせ

情報ブログ

WEBLOG

ムラ

ムラ

絵具で色を塗る場合、時にはその色がきれいに均一に塗る事が出来ずに筆の跡が残ってしまう場合があります。

濃淡がある状態、均一に塗る事が出来ていない状態の事をムラと呼び、実際には外壁塗装等の場合にも起きてしまう物です。

例えば、ローラーで外壁塗装を行う場合、本来はきれいに均一に塗る事になっているのですがその工事に携わった人の技術によってはローラーの跡が見えてしまう場合があります。

その場合はムラが有る状態と言い、外壁の状態自体も均一ではないので再塗装を依頼する事が重要となります。

またムラに関してはぱっと見るだけでも分かる様な状態の場合もありますが、時には正面からではなく角度が有る状態でなければ見えないと言う事も少なくありません。

その場合も業者に一度外壁をチェックしてもらう事が重要です。

そうする事によって外壁の性質を一定にする事が出来る様になる為、結果的に劣化しやすい部分とそうではない部分が出来てしまう事を防ぐ事が出来ます。

 

お役立ち情報

通常、ある程度の技術が有る人が外壁塗装を行った場合はムラが出来てしまうと言う事はまず有りません。

その為、外壁塗装に関しては業者選びが重要となります。

特に個別に外壁塗装を依頼する場合は安心して依頼できるような高く評価されている業者を利用する事が重要です。

そうする事によって、壁の色を均一にしてもらう事は十分可能となります。

またムラが有ると言う事はもしかしたら外壁に塗り忘れている部分がある可能性が高くなってきます。

素人の目から見るとそれ程外壁に差が無いように見える事もありますが、実は塗り忘れが有ると言う場合もあるので、一度業者に全てチェックしてもらう方が良いでしょう。

基本的には3度塗りなどをすれば外壁のムラを防ぐ事は十分可能なのですが、安い業者によっては1回しか塗らないと言う事も珍しくありません。

実際に業者に外壁塗装を依頼する時は何度塗るのかと言う事を聞いておく事や、あまりにも安すぎる業者は利用しない等が重要なポイントとなります。

 

 

無料相談・見積り受付中

  • 0120-245-901
  • メールでのお問い合わせはこちら